• TOP
  • 教育・エデュケーション
  • 食卓に春を♪『菜の花』が離乳食にオススメの理由

食卓に春を♪『菜の花』が離乳食にオススメの理由

Middle img 8762a820 bc71 4101 bc9c 640870b91c1a
参照 : www.flickr.com
つぼみから覗く小さな黄色が可愛らしい、菜の花。野菜売り場に並びはじめると、春が来たという実感が一気に湧きますね。ほんのり苦い大人の味…と思いきや、実は離乳食にも向いているのだそうです!
ろえ
Large img 8762a820 bc71 4101 bc9c 640870b91c1a
参照 : www.flickr.com

離乳食初期からOK!よく茹でて裏漉しをしましょう

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の野菜。大根やキャベツ、ブロッコリーなど、離乳食としてはお馴染みの野菜の仲間です。
比較的アレルギーが出にくく、ほうれん草よりもアクが少ないため、生後5〜6か月頃の離乳食初期から食べることができます。

//////////////////////////////////////

<赤ちゃん用の下処理>

1.よく洗った菜の花を、沸騰した湯で柔らかくなるまで茹でる

2.冷水にとり、しばらくさらしておく

3.引き上げて、よく絞る

4.細かく刻んで、裏漉しする
(茎の固い部分を取り除くなら、刻むだけでもOK)

//////////////////////////////////////

お豆腐と和えたり、おかゆに混ぜて食べさせてあげましょう。
下処理したものを小分けに冷凍しておくと便利です。

赤ちゃんに嬉しい栄養がたっぷり!

食物繊維が豊富。便秘の解消や予防に◎

不溶性・水溶性の食物繊維が比較的バランス良く含まれているので、便秘しがちな離乳食初期の赤ちゃんにはぴったり。

カルシウムとビタミンKが、身体の成長をサポート!

菜の花には、100gあたり160mgのカルシウムが含まれています。骨の結成に必要とされるビタミンKも豊富なので、成長期の子どもや産後のママにもオススメです。

鉄分とビタミンCで、貧血予防!

野菜類トップクラスの鉄分を含む菜の花。鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富!

妊娠中・授乳期のママに嬉しい、葉酸の含有量も野菜類トップクラス

鉄分、葉酸、カルシウムは、妊娠中・授乳期のママに積極的に摂ってほしい栄養です。
ただし、葉酸は水溶性のため、お湯で茹でると半分ほどに減ってしまします。大人が食べる分は電子レンジ調理や、蒸すのがオススメです。

菜の花の栄養と効果効能

<離乳食後期からのレシピ>

菜の花はアクが少ないので、慣れてくれば下茹でしなくても美味しく食べられます。とはいえ、茎など固い部分もあるので、しっかりと火を通してあげたいですね。細かく刻んでスープにすれば、溶け出した栄養ごと摂取することができます。

■ 菜の花のつみれ汁

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 材料(作りやすい分量)

 鰯、鯵などの青魚:1パック
 蓮根パウダー:大さじ1
 菜の花:3〜4把 
 プチトマト:5〜6個
 出汁:小鍋に半分くらい 

 ※離乳食の進み具合や、味の好みに合わせて調整してください。
 ※蓮根パウダーは、米粉や小麦粉などに置きかえられます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.青魚を細かく刻み、粘りが出てくるまで包丁で叩く

2.叩いた青魚と蓮根パウダーをボウルに入れて、よく混ぜる

3.小さめに丸めて、小鍋に沸かした出汁の中へ投入

4.細かく刻んだ菜の花を入れる

5.つみれに火が通り、菜の花が柔らかく煮えたら、半分に切ったプチトマトを入れる

6.火を止め、味噌(分量外)を少し溶いて、出来上がり!


//////////////////////////////////////

菜の花の黄色と緑、プチトマトの赤色と、鮮やかな色彩が目にも嬉しい料理です。
薄味ですが、魚や野菜の旨味たっぷり!ぜひ大人も一緒に召し上がってみてください。

Middle img 8762a820 bc71 4101 bc9c 640870b91c1a
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事