• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • すべてのママに贈りたい。SNSを中心に広がっていく「最後のとき(The Last Time)」

すべてのママに贈りたい。SNSを中心に広がっていく「最後のとき(The Last Time)」

Middle img 6880a379 f766 41bf 9301 d324f20022c4
参照 : unsplash.com
作者不明の詩がSNS にて注目を浴びています。妊娠中のママさん、育児に追われるママさん、子ども達が手を離れひと段落したママさん。すべての母親に読んでほしい「最後のとき(The Last Time)」をご紹介します。
バンビ
Large img 6880a379 f766 41bf 9301 d324f20022c4
参照 : unsplash.com

育児に追われ一息つくどころか、自分の身なりも整える暇も、寝る時間すらない…終わることのない育児との闘い。本当にそうでしょうか?赤ちゃんを迎えたその日から始まる生活は、すべて赤ちゃんからの贈り物かもしれません。果てしなく続く赤ちゃんとの時間、実はとても短く振り返ればあっという間。そして、二度と戻らないその日々が愛おしく感じる方が多いのでは。今、SNSを中心にすべてのママさんに読んでもらいたいという作者不明の英文の詩が話題になっています。今回、詩を翻訳しました。ご覧ください。

          2017 03 23 15.58.21
出典 : unsplash.com
最後の時 あなたが赤ちゃんをその手に抱いた瞬間から、あなたはも生まれ変わります。 自由だった日々を恋しく思うこともあるでしょう。 何も心配事のなかったあの頃 生まれ変わったあなたは、今まで体験したことのない疲労感を知ることになるだろう 同じことの繰り返しがただただ、時間を重ねていく毎日… ミルクを与えて、ゲップをさせて オムツを替えて、また赤ちゃんが泣く 寝かせたり、寝足りないのかと考えたり… 初めての育児に闘う日々。 それは、まるで果てしなく永遠に続くのではないかと思ってしまうほど。
          2017 03 08 10.30.51
出典 : unsplash.com
でも忘れないで… 全てのことには"終わりがある”ということを 子どもにご飯を食べさせてあげるのはこれで"おしまい"という日が来る 遊びつかれた子どもが疲れてあなたの膝で眠る日があるでしょう 眠った子を抱きしめることも、いつかは最後の日が訪れる いつものように子どもを抱っこし、降ろす 当たり前だったこの行動もある日終わりが来る 一緒にお風呂に入り子どもの頭を洗う ある時「1人でお風呂に入る」と言い出す日が来る 力強く握っていたあなたの手を必要としない日が来る 夜中、子どもたちが一緒に寝たいとあなたの布団に潜り込んでくる そんな風に起こされることがいつか来なくなる 子どもたちと大好きな歌を歌って踊る そんな幸せに満ちた日々も終わりの時がきます。 学校に送っていくと「行ってきます」とキスをしてくれる 次の日、学校に送っていくことはなくなり玄関先でキスをしてくれる 寝る前の絵本の読み聞かせも、汚れた顔を拭いてあげるのも、いつか最後のときがくる 子どもたちが両手を広げあなたの腕に飛び込んでくることも、必ず最後のときがくる その「最後のとき」はいつ来るのか誰にも分からない。 きてから初めて「最後のとき」が訪れたことに気がつくのです。 だからもし、今あなたが子どもたちとの時間を過ごしているのなら この時間はそんなに多くは残されていないことを覚えておいてほしい そしてその最後のときを迎え、このかけがえのない時間があなたの中から去った時 これらの日々が心から愛おしく戻ってほしいと思うだろう

The Last Time

原文はこちらになります。

          2017 03 08 10.34.22
出典 : unsplash.com

作者不明のこちらの詩は2年前ほどからSNSを中心に広がっています。子育てを経験したママさん達に大きな反響を呼んだこの詩。誰もが読みながら自分を重ね合わせ涙を流したそうです。

母になった瞬間の喜びも、育児、家事と日々の生活に忙殺されてしまう方もいるでしょう。育児ストレスによって悲しい事件が後を絶たない。けれど、忘れないで下さいね。初めて我が子と会えた日の感激と、無事に生まれてきてくれたことへの感謝の気持ちを。初めての育児は毎日が贈り物の日々。

生まれた瞬間から成長する赤ちゃん。首が座り、うつ伏せで寝ることができ、寝返りができるようになり、ハイハイをして掴み立ち…出来なかったことが一つひとつできるようになってくる。その度に、夫婦で感動し喜び見守ってきましたよね。その繰り返しが当たり前になり育児から手が離れた時、改めて振り返ると誰もが同じことを思うようです。「もっと抱きしてめあげればよかった」「もっと遊んであげればよかった」と。でも、ママさん達はその一瞬を全力で育児にあたり愛情を注いできました。そして、誰にでも平等に訪れるのが「最後のとき」です。

子どものいたずらにウンザリする日もあるの。本当に頭にくることも。でもこの詩を読んでその全てが贈りもだと考えることができたわ。今、とめどなく涙が溢れてるの。私はいたずら盛りの小さな子どもを心から愛してるわ
出典:www.facebook.com
子供は大きくなって次のステージに向けて人生を過ごすのね。かけがえのない時間を改めて噛み締めたいわ
出典:www.facebook.com
この詩を読むといつも泣いてしまう。けれど許された気持ちになるの
出典:www.facebook.com
「最後のとき」はただ訪れるけれど終わりではないわ。私の子どもは私に孫を与えてくれた。髪を洗って乾かして綺麗に梳かすの。人生の輪は素晴らしい。
出典:www.bellebebes.co.uk
この詩を決して忘れない。もう手を離れてしまったけど子ども達を愛していることは変わらないわ。それに子どもだけではない。夫、親戚、友達、仕事仲間、すべての人の支えられ育児ができ、子ども達とかけがえのない時間を過ごすことができた。この詩を読んだことで、それが素晴らしく美しい時間がったと今なら分かるの。感謝してるわ
出典:www.bellebebes.co.uk
          2017 03 21 15.09.34
出典 : stocksnap.io

育児は悩みも尽きませんし、まさに手探り状態。けれど、長い人生の中「育児」はほんの一瞬。あっという間に駆け抜けてしまう大切な時間かもしれません。終わってしまって後悔するよりも、今、目の前であなたに手を差し伸べる赤ちゃんをしっかり見てあげてくださいね。本当に限られた時間しかない貴重な一日一日は赤ちゃんからの贈り物。どうか、大切に過ごして下さい。

Middle img 6880a379 f766 41bf 9301 d324f20022c4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事