• TOP
  • 教育・エデュケーション
  • いじめの責任はどこにある?保護者?それとも学校?武井壮の発言に共感の声続出

いじめの責任はどこにある?保護者?それとも学校?武井壮の発言に共感の声続出

Middle img 517a0daf 6126 4045 b56e fcbc13ad64b4
参照 : twitter.com
「いじめ」深刻な社会問題としても多々大きく取り上げられ話題になります。行き過ぎたいじめで悲しい結果を残すことも…そんな中、誰もが問う「いじめの責任は誰にある?」学校、担任なのか…親なのか…この問題に、タレントの武井壮さんが持論を展開し共感の声が上がっています。
バンビ
Large img 517a0daf 6126 4045 b56e fcbc13ad64b4
参照 : twitter.com

いじめに耐えられず命を絶つ子ども達が後を絶たないという悲しい現実。そんな時に考えるのが、いじめへの責任は誰にあるのか?ということ。学校、先生方はどこまで介入するのか?また、親御さんはどこまで子どもの行動を制限できるのか…一度、外に出てしまえば何をしているのか、どんな風に過ごしているのか、それは、子どもを信じるしかありません。

2017年2月6日放送のバラエティ番組『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)でタレントの武井壮さんが「いじめの責任」に持論を展開し話題になっています。

          2017 02 17 16.37.08
出典 : twitter.com
いじめどうしたらいいか?なんて分からねえよ。。でもよ、人を苦しませるなんて人として最も魅力のねえ行為だろ。。人を救ったり守ったり、幸せにしたり笑顔にできるヤツは最高だ。。 お前らどんな人間になりてえんだ? 人を壊す嫌な人間か?違うだろ?誰かを幸せにできる素敵な人間になろうぜ。。
出典:twitter.com

この日、番組内で「いじめ問題」について多くの人々が語り合いました。そんな中、話は「教師がいじめを解決しなければいけないのか?」という議題に。ある塾講師が「教員の仕事って簡単なものじゃない。そもそも、いじめに気づいてない場合だってある。家同士が解決すれば良い」との持論を述べるとそこから、「それでも教員に責任はある」という方、「親や家庭が責任を持つべきだ」という方、様々な意見が出ました。

皆さんの意見に耳を傾けていた武井さんは、「学校教育に対し過度に求めすぎている」とこの塾講師よりの発言。「校長先生なんて滅多に会わないのに責任を取らせるのは違う」と言い…

          2017 02 17 18.43.23
出典 : twitter.com
いじめが起こった時、先生は対処するべき しかし、その責任を学校や先生に取らせるというのは絶対に違う。 それは、個人と親が負わなければダメです。 子どものことで時間を使って育てるのは親。その子の人間性を理解しているのも親。
出典:バラエティ番組『好きか嫌いか言う時間』(TBS系2017年2月6日放送より)
Bao6zpycqaa5tly
出典 : twitter.com

いじめについては今尚、議論が収まることがありません。終わらないいじめ、追及される責任。そんな中で武井さんのこの発言は多くの人の心に響きSNSには続々とコメントが届きました。

いじめについて 武井壮 「いじめの責任は当事者と親が取るべき」 、、、そうだろう。 補足するとするなら 学校でいじめがあるのは普遍的な事。 なぜ親に言わないのか、言えないのか そこを考えてほしい 考えてる、教えてる そんなんじゃ無駄。 損なんじゃそりゃ
出典:twitter.com
いじめの番組見てるけど 武井壮が的確なことばっか言いすぎて 改めて武井壮すげえなって思った
出典:twitter.com
武井壮 グッジョブ いじめや それによる自殺などの事件は まずは親が一番責められなければならないと思うのです 学校や教師が一番ではなく
出典:twitter.com
          2017 02 17 17.24.40
出典 : twitter.com

多くの人の共感を呼んだ武井さんの発言。いじめ問題が発覚した時、頭ごなしに学校の責任だ。先生は何を見ていたのか…そのように責め立てたところで解決にはなりません。そして、「教員がいじめに気がつかないこともある」子ども達は自分がいじめられていることを親御さんには隠す傾向が強い。しかし、確実にSOSは出ているのではないでしょうか。そして、もっと社会が一体となり子ども達の行動を見守ってあげることも必要だと思います。

筆者は、いじめを目撃したことがあります。3人掛かりで1人の男子生徒を殴ったり蹴ったり…どんどん埃で白くなっていく学生服。ただ、一方的に暴力を受け耐えていた男子学生。けれど、見て見ぬ振りはできません。「何してんの?」と声を掛けました。ニヤニヤしならが「プロレスごっこ」と答える男子3人組。正直、手は震えるし、すごく怖かったけど、被害者である学生を筆者の車に乗せ、学校を聞き出しすぐに電話をしました。先生が到着するまでの時間、逃げようとする男子達に「逃げないで」と言い、ただ、ひたすら怖かったことを覚えています。

この時は学校の教員の方々に対応して頂きました。なぜならば、被害者の男子学生が自宅の連絡先を教えてくれなかったからです。その後は、教員へ任せその場を立ち去ったのですが、いじめの責任は親御さんにあるとしても大切なのは「いじめ自体を見逃さないこと、見て見ぬ振りをしないこと」学校、保護者、社会全体が連携を取り、子ども達を見守っていけたらいいなと思います。

Middle img 517a0daf 6126 4045 b56e fcbc13ad64b4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事