• TOP
  • 料理・レシピ
  • みんな大好きイタリアン スイーツ♡現地在住ママのおすすめお菓子10選!

みんな大好きイタリアン スイーツ♡現地在住ママのおすすめお菓子10選!

Middle img 029ca319 1191 49a3 abb3 d69f069a9c39
参照 : pixabay.com
ティラミスにパンナコッタ、日本でもお馴染みのイタリアン ドルチェたち・・・。今回は、日本でも購入でき、保存期間も長めの焼き菓子を中心に、マイナーなお菓子もそろえてみました。リキュールやワインと合わせていただく大人なスイーツも満載。レシピもあります!おもてなしにもお土産にもイタリアン スイーツをぜひお試しください!
Ostia
Large img 029ca319 1191 49a3 abb3 d69f069a9c39
参照 : pixabay.com

①ティラミス

Dessert 375324 1280
出典 : pixabay.com

イタリアのスイーツといえばコレ!

イタリア発祥のチーズケーキの一種。エスプレッソとリキュールを染み込ませたビスケットまたはスポンジケーキに、マスカルポーネチーズを入れたクリームを重ねて冷やし固め、表面にココアパウダーやコーヒー粉末をふりかけたもの。
出典:gogen-allguide.com

最近では、ラズベリーやブルーベリー入り、ピスタチオ入りなど色々なバリエーションもあります。日本では、抹茶ティラミスも人気ですね。イタリア語で「Tirami su(ティラミス)」とは、「私を上に引きあげる」=「元気にしてくれるもの」という意味があり、まさに名前の通り、一口食べたら元気になれる定番ドルチェです。

レシピ

オンラインショップ

②パンナコッタ

Dessert 1373820 1280
出典 : pixabay.com

こちらも有名なイタリアン スイーツです。

《pannaは生クリーム、cottaは煮つめる、の意》生クリーム・牛乳・砂糖を合わせて煮詰め、ゼラチンで固めたイタリアのデザート。
出典:kotobank.jp

プリンやババロアとの違いは、卵が入らないこと。牛乳プリンとの違いは、生クリームたっぷりなこと。さまざまなソースでアレンジできますが、イタリア人のお気に入りはパンナコッタに、ヌテッラクリーム(へーゼルナッツとチョコレートのクリーム)をかけて食べるスタイルです。

レシピ

オンラインショップ

③カントゥッチ

21600484760 c6b0a0ff02 z
出典 : www.flickr.com

ちょっとしたイタリア通な方はご存知のカントゥッチ ビスケット。

トスカーナ地方で親しまれるカントゥッチ。アーモンドがぎっしり詰まった固い焼き菓子
出典:www.sozainochikara.jp

とっても固いので、コーヒーや甘口のリキュール「ヴィン・サント」などに浸して食べるのがおすすめです。保存もきくので棚に常備している人も。ソーサーに乗せて出せばおしゃれなお茶請けになります。

レシピ

オンラインショップ

④アマレッティ

384062612 b1f3b3d691 z
出典 : www.flickr.com

「少しだけ苦い」という名前の通り、アーモンドのほろ苦さがやみつきになるビスケット菓子。柔らかいソフトタイプとサクサクのドライタイプの2種類があります。

通常のクッキーよりも食感が軽いメレンゲ菓子の一種であり、小麦粉の代わりにアーモンド・プードル(アーモンド・パウダー)を使った焼菓子
出典:ja.wikipedia.org

フランスのマカロンとも似ていて、フィレンツェ公国のカテリーナ デ メディチがフランス王アンリ2世のもとに輿入れしたときにフランス宮廷に導入され、マカロンの原型となったとも言われています。「アマレット」というアーモンド風味のリキュールを入れて大人味にするレシピもあります。

レシピ

オンラインショップ

⑤バーチ・ディ・ダーマ

3616868083 b322151bf9 z
出典 : www.flickr.com

アマレッティのソフトタイプに類似した、アーモンドビスケットでチョコレートクリームをサンドしたお菓子で、その名も「貴婦人のキス」という意味です。

イタリア ピエモンテ州 トリノのお菓子で、アーモンド風味たっぷりの香ばしいクッキーでチョコサンドしたもの
出典:ameblo.jp

ほろほろしたアーモンドの食感と濃厚なチョコレートクリームは最高の組み合わせ。別バージョンとして、ココアビスケットで挟んだ「バーチ・ディ・サンレモ(サンレモのキス)」は、リグーリア州サンレモの名産として知られています。

レシピ

オンラインショップ

⑥ジャンドゥイオッティ

22814891483 02b3b13f23 z
出典 : www.flickr.com

1852年に北イタリア、トリノのお菓子メーカー、カファレル社が考案したチョコレート菓子ジャンドゥイオッティ。単数形ではジャンドゥイオットと呼ばれます。

ジャンドゥイオットは、ペースト状のヘーゼルナッツとカカオをミックスした本場イタリア・トリノ名産の柔らかい触感の一口サイズ・チョコレート。
出典:www.amazon.co.jp

ナポレオン政権下の取締りで不足したカカオを補うために、創業者ピエール・ポール・カファレル氏が、地元のピエモンテ州で豊富に採れるヘーゼルナッツを混ぜたことから生まれたそうです。細長いピラミッド型の固形タイプの他、「ジャンドゥーヤ」と呼ばれるクリームタイプのものもあり、こちらはケーキ作りにも使用されます。滑らかなカカオとへーゼルナッツのハーモニーは大人も子どもも大好きな味わいです。

レシピ

オンラインショップ

⑦パンペパート

Panpepato at a shop in san gimignano
出典 : www.flickr.com

トスカーナ南部~ウンブリア州でクリスマス時期に食べられる郷土菓子、パンペパート。「ペパート」とは「コショウを振った」という意味で、その通りスパイシーな味わいが特徴的です。

ドライフルーツ、蜂蜜、カンディート(フルーツのシロップ煮)、チョコレート、スパイスがベースの歴史の古い焼き菓子
出典:prezzemolo-creapasso.blogspot.it

赤ワインと合わせると最高のマリアージュ。こちらも大人な食後のデザートとしておすすめです。

レシピ

オンラインショップ

⑧ババ

611z hv5pal
出典 : www.amazon.it

もともとはポーランド王宮発祥のお菓子。フランス王室に伝わった後、1840年頃にパリを訪れたナポリ貴族のお抱え料理人によってレシピが持ち帰られ、ナポリの名物となりました。

ババとは、ブリオッシュみたいな生地に、ラム酒風味のシロップにどっ~ぽり、漬けて、食べるお菓子
出典:cucina1991.com

ラム酒だけでなく、南イタリアの名産リモンチェッロ(レモンの甘口リキュール)や、ノンアルコールのシロップに浸したものもあります。生クリームやマラスキーノチェリーをトッピングして、華やかなデザートとしてサービスするのがナポリ風。

レシピ

オンラインショップ

⑨ジャムのクロスタータ

1024px crostata limone e zenzero 3
出典 : www.flickr.com

イタリアの「おふくろの味」とも呼ばれるタルト菓子、クロスタータ。

クッキー生地を土台にしてジャムなどを詰めて焼いたイタリアではとってもポピュラーなお菓子
出典:blog.livedoor.jp

このお菓子を見ると、イチゴやチェリー、アプリコットなどから手作りしたジャムを詰めてオーブンで焼き上げてくれるマンマの姿を思い浮かべるのがイタリア人です。へーゼルナッツクリームやチョコクリーム入りのものもあります。サクサクしたクッキー生地とフルーツの恵みがぎゅっと詰まった素朴な味わいで、バールやカフェにも常駐の定番アイテム。朝ごはんやおやつなどに重宝されます。

レシピ

オンラインショップ

⑩おまけ : 自宅で簡単イタリアン スイーツ「アフォガート」

Affogato 623516  480
出典 : pixabay.com

「溺れた」という意味の「アフォガート」。

バニラ風味のアイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるスタイルのイタリアのデザート。
出典:ja.wikipedia.org

エスプレッソコーヒーを注ぐのが定番中の定番です。つめたーいバニラアイスに、淹れたての濃厚なコーヒーをかければ出来上がり。コーヒーのほろ苦さとバニラの甘みが溶け合って、これも止まらない美味しさです。

レシピ

Middle img 029ca319 1191 49a3 abb3 d69f069a9c39
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事