• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 赤ちゃんが冬寝るときの、理想的な布団や室内環境は?

赤ちゃんが冬寝るときの、理想的な布団や室内環境は?

Middle img 83931c42 66de 488a 8ff5 8ae0639c16c2
参照 : doctors-me.com
抵抗力の弱い赤ちゃんが冬過ごすのに、どのような室内環境が理想的なのでしょうか? 今回は、赤ちゃんが寝る時の理想的な環境について、医師に話を聞いてきました。
DoctorsMe(ドクターズミー)
Large img 83931c42 66de 488a 8ff5 8ae0639c16c2
参照 : doctors-me.com

冬の室内で赤ちゃんが過ごす場合の適温は?

詳細について諸説ありますが、赤ちゃんが冬過ごすのに適切な室内環境の目安は ・気温:20~23度 ・湿度が40~60% が望ましいといわれています。 大人の感覚では正確にわからないので、温湿度計などを赤ちゃんの近くにおいて、ときどき確認してあげるといいでしょう。 また、室温を低めにして、重ね着や厚手の靴下などで調節する親御さんもいますが、そうすると赤ちゃんの動きが制限されてしまうので、温度を調整することが望ましいです。

冬に赤ちゃんが使う布団、どんなものがいいの?

赤ちゃんの布団は、暖房がきいた現代の家屋では、冬でも特別に厚いものを用意する必要はないでしょう。 むしろ、電気毛布など布団だけを集中的にあたためるものは却って暑くなったり、口が乾いたりする原因になることもあります。室温で調節してあげるのが一番でしょう。 具体的には、夜寝る時は、風通しの良いタオルケットに、赤ちゃんの用の掛布団でいいでしょう。昼寝の時は室温が適正に保たれていれば、タオルケット1枚程度でいいでしょう。 熱がこもって暑くなりすぎることは避けたいので、赤ちゃんの汗のかきかたや顔色などの様子を見たり、手足の温度などを確認しながら室温を調節してあげましょう

赤ちゃんが、冬でも風邪をひかない寝かせ方は?

1.温度・湿度 赤ちゃんに風邪をひかせない寝かせ方のポイントとなるのは、やはり温度と湿度です。特に冬場の感染症の原因となるウイルスは、低温・乾燥を好むものが多いので、室内でウイルスが活発にならないよう、温度と湿度をコントロールするのは最も大切なことといえます。 2.湯冷めさせない 夕方以降の沐浴では、しっかり髪の毛や身体をタオルドライして、湯冷めしないようにしてあげましょう。 3.体力の維持 また、風邪をひかないためには、体力を落とさないことも大切です。できるだけ規則正しい生活時間をキープすること、また、離乳食が始まっている赤ちゃんであれば、野菜や果物などを適度に取り入れて、ビタミンその他の栄養素の補給を心がけましょう。

医師からのアドバイス

冬は赤ちゃんに風邪を引いたり冷えすぎてしまうのではないかという心配から、厚着をさせ過ぎたり、必要以上に室温を上げがちです。 赤ちゃんは新陳代謝が盛んなので、それほど着こませる必要はないということを考慮しましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

出典:赤ちゃんが冬寝るときの、理想的な布団や室内環境は?

Curator
このキュレーターの記事を見る
1時間1000円〜  24時間即日も手配可能な人気のオンラインベビーシッターサービス
0歳〜12歳のお子様を対象としたサポートの他、産前産後のママケアもできる資格保有者が200名以上活躍中です。家庭教師、家事のお手伝い、病児保育など利用範囲が広い上に、通常のシッターサービスの3分の1の料金で利用できると、リピート率はなんと80%!
今すぐチェック!
キッズラインが厳選したキッズサポーターたち
1時間1000円〜  24時間即日も手配可能な人気のオンラインベビーシッターサービス
0歳〜12歳のお子様を対象としたサポートの他、産前産後のママケアもできる資格保有者が200名以上活躍中です。家庭教師、家事のお手伝い、病児保育など利用範囲が広い上に、通常のシッターサービスの3分の1の料金で利用できると、リピート率はなんと80%!今すぐチェック!
キッズラインが厳選したキッズサポーターたち
Middle img 83931c42 66de 488a 8ff5 8ae0639c16c2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Related
 関連記事 
おすすめシッター紹介中
おすすめシッター紹介中