• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • 【コラム】海外駐在ママにも大人気!バンコクのベビー用品フェアに潜入!

【コラム】海外駐在ママにも大人気!バンコクのベビー用品フェアに潜入!

Middle img ab594369 4cd2 4665 95e3 d3db3327f320
バンコク在住の日本人は、いまや約6万人と言われています。その中には旦那様のお仕事に合わせ、バンコクへ引っ越してきた日本人駐在ママもたくさんいるんです。今回は海外育児に奮闘する日本人ママにも大人気のベビー用品フェア「Baby & Kids Best Buy」をご紹介したいと思います。
MAYA
Large img ab594369 4cd2 4665 95e3 d3db3327f320

年に一度。大展示会場での育児フェア♡

Baby & Kids Best Buyは毎年必ず開かれるフェアで、バンコク在住のママに国籍を問わず人気があります。
イベント会場ではタイ語はもちろん、英語、日本語、その他いろいろな言語が聞こえてきて、
いかにこのフェアがインターナショナルかを実感してしまうフェアです。

ベビー用品だけでなく、0歳~小学生くらいの子供用のグッズが売られますので
0歳の時から通っている我が家では今年は5回目の来場でした。

16
出典 : ameblo.jp

もはやバンコク在住ママなら「知らなければモグリ!」と言われるほどの有名フェアになったのには理由があるんです。たとえば・・・

1.とにかく安い!お得!
2.品揃えが豊富!
3.オンラインショップが出店している(目で見て買える)!
4.子供の遊び場も併設されている!

これら4つの理由を具体的に見て行きましょう。

①とにかく安い!お得!

1

バンコクは高級デパートや庶民派モールなどでも
1年中セールが開催される土地柄ということもあり、日本より断然セール天国です。

ですが、ここBaby & Kids Best Buyではそんなデパート等のセールから「さらに値引き」された商品に出会えてしまうのです!
「買おうと思ったけど、来週Baby & Kids Best Buyがあるから、そこで値段を見てから。」と思うくらい安い!
実際、最大80%オフまであり。というのですから、この激安ぶりは会場を訪問してみなければ分かりません。

また「まとめ買い」をする人にはさらにお得な「プレゼント」が付くことが多いのです。
(たとえばコットンバッグやコップなど)

②品揃え豊富!

お安いばかりではありません。
イベント会場が全てベビー用品や子供服などのショップブースが並ぶので、デパートなどより断然広い売り場面積。
売られている商品もジャンルも多岐にわたり、品数豊富。
安い上にいろいろな商品に出会える!となれば、デパートなどで買うより絶対気になりますよね。

③オンラインショップが出店!

4

このフェアではコンビ、アベント、ピジョン、など有名ベビー用品ブランドのみが出店しているわけではありません。
SNSなどで大人気のタイ発オンラインショップがブースで出店しているケースもあります。
つまり普段はウェブ販売のみの気になる商品を目で見て買えるということ。

たとえば、フェイスブックでタイ人に人気のPepin De Pomme。
ここのタイ語Tシャツなどはお土産にもいいかも。一枚199バーツ(670円相当)です。

Pepin De Pomme ホームページ

かわいい商品がいっぱいです!

④子供の遊び場がある!

6

お買い物に付き合わされて、ぐずってしまう子もいることを考えてくれているのが嬉しい!
会場にはアスレチックジムが併設されています。
Funarium(ファナリアム)はバンコク都心部にあるプレイグラウンド。
そんな人気の遊び場が会場で楽しめてしまうなんて、歩き疲れた子供たちも喜ぶこと間違いなしですね◎

いかがでしたでしょうか?

型にはまらない育児スタイル!お得さ満載のタイらしいイベントだな~と毎度思います。
オシャレなベビー服を選んだり、お得な玩具アイテムをゲットするにも最適なフェア。
ベビーベッドやベビーカーなどの大きなものを買うのにもお得。
もちろんマタニティウェアや育児ママの様々お助けグッズも手に入ります。

海外育児では情報不足で悩みがちですが、住む年数が長くなるほどに
いろいろな選択肢があることに気が付かされます。
バンコクは育児にやさしいところだと、このフェアを通してますます実感しています!

(会場情報:地下鉄MRT クイーンシリキット ナショナルコンベンションセンター駅直結)

Middle img ab594369 4cd2 4665 95e3 d3db3327f320
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事