• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • 【マタニティマーク】つけるメリット、デメリット!

【マタニティマーク】つけるメリット、デメリット!

Middle img 78591bf5 c120 4d01 bf89 8a899066e74e
参照 : doctors-me.com
妊婦さんや、出産経験のある方はご存知の方が多いと思いますが、 そうでない方がマタニティマークをよく見かけるのは電車の中が多いかもしれません。 手のひらより小さいですが、お母さんと赤ちゃんが載っているキーホルダーを見たことがありますか? 今回はこのマタニティマークについて、医師に解説していただきました。
DoctorsMe(ドクターズミー)
Large img 78591bf5 c120 4d01 bf89 8a899066e74e
参照 : doctors-me.com

マタニティマークの目的は?

マタニティマークは、厚生省の政策として施行された活動です。
「健やか親子21」と呼ばれる、国民運動計画によって推奨されたもので、『妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指す』というのをモットーに始まった活動です。
このマークは、交通機関だけでなく、職場、飲食店等など、多くの場所に置いて付けるように呼びかけ、妊産婦さんにやさしい環境づくりを目的としているようです。

マタニティマークは妊娠がわかりにくい初期にこそ必要!

マタニティーマークは、母子手帳を受け取った際に貰え、妊娠初期からの使用を推奨しています。お腹が大きな妊婦さんは、マークが無くても分かりやすいですが、 妊娠初期から5、6ヶ月頃までは側から見るだけでは分かりにくく、外で体調が悪かったり、倒れたときなどに、周囲の方が認知しやすいため、初期からの使用が大事なのです。
マタニティマークは駅の改札や空港などでも配布しているので、いつもと違うバッグでつけ忘れたという際などにもらうことができます。

マタニティマークのデメリット

とてもすばらしい対策と思われますが、このマークを身につけたことで以下のような悲しい思いをした方々もいます。

・カバンにつけていたら引きちぎられた
・睨まれてお腹をけられた
・ひどい言葉を浴びせられた

このような現状があると、つけることを躊躇してしまいますよね。
妊婦以外の方からは席を譲ってもらう意思表示や、優先してもらうための意思表示のようにも思われがちなため、「ずるい」「うらやましい」という感覚を持たれてしまいます。
また、妊娠を希望しながら妊娠できない女性やご夫婦など、複雑な思いを持たれている方もいることを受け入れましょう。

マタニティマークのメリット

マークをつけることでのデメリットもありますが、「なにかあったときに妊婦であることが一目でわかる」ということが最大のメリットです。
お母さん自身に何かあった場合、誰かの助けが必要な場合に、妊婦である事がすぐにわかれば、周りの方も妊婦であるということを前提に手をかしてくれるでしょう。
ご自身の体と、お腹の中の赤ちゃんを一番守れるのは、お母さんしかいません。妊婦であると口頭で伝えることができればいいのですが、気分が悪くなって倒れてしまった場合など、マタニティーマークは大きな目印になります。

医師からのアドバイス

以上のように、マタニティマークをつけることにはメリット・デメリットが存在しますが、
一人での外出や、体調が優れない時などは、必ずつけるようにし、つける場所を考慮したい場合には、持ち手につけても札はカバンに入れて常に見えてないようにするといった方法でもいいでしょう。
マークのような目印がなくても、妊婦さんだけでなく、高齢者や障害者、持病のある方々にたいして、自然と親切にできる環境づくりも同時に進めていく必要があるといえます。

(監修:Doctors Me 医師)

出典:【マタニティマーク】つけるメリット、デメリット!

Middle img 78591bf5 c120 4d01 bf89 8a899066e74e
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事