• TOP
  • ニュース・エンターテイメント
  • ドレスコードは寝間着?欧米の学校行事「コスチュームデイ」の魅力!

ドレスコードは寝間着?欧米の学校行事「コスチュームデイ」の魅力!

Middle img eded7d76 c218 4d15 a992 d59dad062a6d
アメリカ・英国を中心に海外では「仮装して登校する」 一風変わったスクールイベントがあるのをご存じですか? 日本ではあまり聞き慣れませんが、先生達も参加しムードを盛り上げます。 このユーモアなイベントが伝えたい「本当のメッセージ」、ご一緒に考えてみませんか?
RIOママ
Large img eded7d76 c218 4d15 a992 d59dad062a6d

【1】 知っておきたい、コスチュームデイって?

アメリカやイギリス、カナダ等を中心に盛んな学校行事であり
普段着や制服ではなく、「テーマにそった格好で登園・登校する日」です。

生徒だけでなく先生達も仮装することも多く、学校全体でイベントを楽しみます。
当日は終日コスチュームを着用して、普段通り授業やランチタイムを過ごすという
日本育ちの私達にはなじみの薄いカルチャーだと渡米当初は感じました。

▼実は日本のインターナショナルスクールでも実施されています

こんなテーマも?!アイデア満載の○○day

仮装テーマは多岐にわたり、1週間単位で実施されることもしばしば。
親子でテーマ毎にアイデアを絞り、満身創痍で当日誇らく登校します。
保護者も一緒にイベントを楽しむ、海外育児が有意義になる秘訣かもしれません。

それではユニークなテーマを一挙ご紹介!

●お決まりのPJ day(パジャマ姿の日)

愛用のぬいぐるみ・ブランケットを持参する姿もよく見かけます

パジャマデー当日は、登園から帰宅までの間を、パジャマで過ごします。 女の子のネグリジェ は、まるでドレスみたいで可愛いです。
出典:hanaworld.blog.jp
今日はクラスでも勉強ばかりではなくて、映画を見ながらポップコーンを食べたり。 色んなパジャマの子が居ます。子供達もいつもと違う日にわくわく、楽しい1日です。
出典:plaza.rakuten.co.jp

●crazy hair day(変わった髪形、ヘアアレンジをする日)

もはや芸術の域!この日のために綿密な打ち合わせをするファミリーも少なくありません。
子どもだけでなく、ママたちの努力の軌跡にも拍手喝采です。

登校してくる子供たちの頭を見て、笑いが止まらない。 そして、校長先生や先生たちまでが,頭にリボンを着けての登場!これには保護者一同、大爆笑。
出典:americankids.seesaa.net

●crazy hat day(面白い帽子をかぶる日)

DIY好きなアメリカでは、お手製ハットを親子で作ることも珍しくありません。

●crazy socks day(左右異なる靴下や、面白いソックスを履く日)

ユニークな市販品靴下を履く子もいれば、クラフトショップで素材を購入し
シンプルな靴下をオリジナルに装飾する場合もあります。

●Twin day(仲良しの友達とおそろいの服で登校する日)

上級生になると、仲良しのお友達とペアで仮装を楽しむユニークなテーマも。




ママとキッズのコミュニケーション量も自然とアップ!

この特別なイベント週間、実はママにとっても腕の見せ所なんです。
他の子と被らない様、「どんな恰好で登校しようか?」と親子間での
アイデア出しに自然と会話が弾むことも醍醐味の一つに感じます。

コスチュームデイが教えてくれる「本当に大切なこと」

世界中の人種・民族が集うアメリカでは、クラスメイトの肌・髪の毛
瞳の色まで「1人1人ちがう」ことが大前提、暗黙の社会ルールです。

一見ユーモアな恰好を楽しんでいるだけの様に見えますが
「人と違うことを怖れない」「私はワタシ」という強い精神力を育むことに
このコスチュームデーの存在意義があるように感じます。

学校というごく身近な生活の中で「人と違うことの尊さ」を学び
自分らしさを表現する友達の「チャレンジ精神」に共感できる
素晴らしい学校行事はアメリカの誇るべきカルチャーです。

そして同じ位大切なこと…どんな自分でも受け入れ慈しむ「自己肯定感」。
ピュアな幼少期に育んで欲しい感性の1つではないでしょうか?
親子で成長する機会を与えてくれる、多民族国家らしい学校行事のご紹介でした。

Middle img eded7d76 c218 4d15 a992 d59dad062a6d
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Curator
このキュレーターの記事を見る
Related
 関連記事