• TOP
  • 子育て・ライフスタイル
  • ”産後シェア”を知ってますか?血縁に頼らずに気楽に育児をシェアできる世の中へ!

”産後シェア”を知ってますか?血縁に頼らずに気楽に育児をシェアできる世の中へ!

Middle img a115f31c c723 48a3 a47a b2064b848ad5
”産後シェア”という言葉をご存じですか?生まれたての赤ちゃんと過ごすのは、うれしいけれど母親にとって負担がとても大きいのも事実。里帰り出産もできないし、実家の母もそう長くは来れない…。そんな母親たちを救おうと、産後、お互いに子育て・家事をシェアしあうことで助け合う新たな取り組みが始まっているのです。
azmix
Large img a115f31c c723 48a3 a47a b2064b848ad5

★”産後シェア”ってなに?

”産後シェア””産褥ヘルプ”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?最近ニュースや新聞などでも取り上げられている取り組みです。産後すぐ~2か月くらいまでの間、友人たちが育児や家事の手伝いをできるときに、できるだけ助け合いながら続けていくという取り組みです。もちろん、産後シェアで助けられた人は、その後次の産後シェアを希望する友人を助けます。

Stocksnap nw75aclk6d  1 r

具体的にどのように育児・家事など分担しているかというと、グループのメンバーで共有しているインターネット上のスケジュール表に、都合のつくメンバーが、名前を書き込んで支援に行くという仕組みになっています。

核家族が増えたり、親が高齢になっていたり、地域の繋がりが希薄になるなどの社会背景があったり、一人で頑張りすぎる人が増えてしまったりと、なかなか養生に専念できない母が増えています。
出典:http://sangocare-madretokai.jimdo.com/2016/05/08/5-8-中日新聞朝刊で紹介されました/

そうなんです。2人目以降の出産となると、上の子の園や学校などの都合で、なかなか長期里帰りが難しい、なんてこと、よくありますよね。また核家族化が進む、現代社会も背景にあるようです。

1対1で助け合うのではなく、多くの仲間が集まって、それぞれができるだけのことをして助け合う。そのことによって、産後シェアは成り立っていくようです。まさにNPO的活動の理想の形といえるのではないでしょうか。

「早く行きたいなら一人で、遠くへ行きたいならみんなで行け(If You Want To Go Fast, Go Alone. If You Want To Go Far, Go Together)」というアフリカのことわざが好きで、よく使っています。
出典:drive.media

★産後の期待と不安に寄り添う

統計によると、産後うつ、マタニティブルーを経験したり自覚したりする人は約3分の1。誰にでも起こることなのです。自覚した人も、人に指摘されて初めて気づいた、ということもあるようです。

Stocksnap ki0yu7b6o7r
出産によるホルモンバランスの激変により、産後すぐから涙もろくなったり、理不尽ないらだちを感じたり、これからの子育てに不安を感じるなどで気分がふさぐ状態。ホルモンは産後1~2週間で妊娠前の状態に戻り、精神的にも落ち着いてきます。
出典:www.premama.jp

”産後シェア”の取り組みは各地域で起こっており、核家族化が進む中で、母親同士、家族同士のコミュニティ・地域の絆をつくるという意味合いでも注目されています。

交流会を開いたところ、愛知県内の各地から、出産を控えた女性や子育て中の母親、18人が集まりました。「助けを求められる人が近くにいない」「親はいるけど、祖父母の介護で手一杯で、とても子育てにまで手を貸してはもらえない」そんな母親たちにとっては心強い取り組みだと受け止められたようで、交流会に参加した人は「人に手伝ってほしいってなかなか言えないけれど、こういう仕組みなら頼みやすいなって思いました」と話していました。
出典:www3.nhk.or.jp

NHKスペシャル『ママたちの非常事態』でも特集されていましが、本来人間古来の子育ては『共同養育』。その本能を残したままの母親たちが、孤独な一人での育児に不安を感じてしまうのは当然のことなのです。だからこそ、産後シェアの取り組みは人間古来の子育て『共同養育』のシステムを取り戻した、理想的な姿といえるかもしれません。

番組で紹介している人類太古の子育て=「共同養育」は、人類が次々と子供を産み育てるための仕組みとして語られましたが、長い子育て期間が必要な人間の子供の養育分担や、母親自身の心の負担軽減など多くの役割があり、人類の子育てを根幹から支えていたのだと思います。 番組に込めた思いは2つ。1つは、自分を責め、追い詰められているお母さんに、「もっと気楽に、ツラいのはあなたのせいではない、一人で背負う必要はない」と伝えたいという思い。もう1つは、子育てを取り巻く全ての人たちに、「子育てに対してほんの少しの寄り添いを持ってもらえたら」という思いです。たった一人のほんの少しの寄り添いでも、集まれば大きなものに変わりうると思っています。
出典:www6.nhk.or.jp

★大切なのは準備と段取り!

”産後シェア”に挑戦してみたいけど、どんな風に進めたらいいの?と思う方も多いと思います。まずは地域で産後シェア・産褥ヘルプに取り組んでいるNPO団体がないか、調べてみましょう。交流会などを開催している場合もあるので、参加してみるという方法もあります。

産後シェアのこつとして、出産前から産婦の家族と友人が協力して計画的に訪問予定を決めることや、訪問中は産婦に気を使わせずに安静にしてもらうことを挙げる。「夫の理解を得たり、産後の自分の姿を友人に見せたりするのは少し勇気がいるけれど、その先には豊かな産後が待っていると発信していきたい」
出典:www.chunichi.co.jp

また方法や体験談などをシェアしている書籍も販売されています。

51iamq8cojl
出典 : www.amazon.co.jp
今回、実際にその「おせっかい」をやってみたところ、予想以上の収穫がありました。どんなにお金をつんでも買えない、かけがえのない、人と人とのふれあい、絆が生まれました。この試みは、マドレボニータだからできた、という特別なものではありません。おせっかいな友達と、理解ある家族と、産褥婦の委ねる心、お互いの信頼関係、それからグーグルドキュメント(これ重要)があれば、誰にでも真似できるものだとおもいます。そして、真似しやすいように、どんなふうにやったか、その方法も、この本に盛り込みました。
出典:madrebonita.shop-pro.jp

そして大切なのは、助けてもらったあと、自分も助ける側に回ること!

「この子の時に産後1か月、誰かしら毎日来ていただいて、ありがたかった。お互い助け合えば、1人で子どもを見るよりも、みんなで見る方が豊かだし楽しい」と話しています。」
出典:www.nhk.or.jp
4b9135153 tdy 130924 baby scent
こうした産褥ヘルプお礼会って、まー、ただの飲み会なんですが、アノ時に見ていた新生児がこんなに成長している様子を改めて見せてもらえるのが嬉しい。そしてこうした親戚のようなつながりが嬉しい。 親戚や身内だけで産後を乗り切った場合、あらためて、産後のお礼とかってしないじゃないですか。。。そして、よそのおうちの子どもたちが、本当にかわいい!!
出典:plaza.rakuten.co.jp
その準備は手間も勇気もいるけれど、その経験は、その後の育児生活の中でも大きな安心感やライフラインに繋がるはずだから! とはいえ、人を巻き込むってなかなか難しいことでもあるから、周りの人からのおせっかいも大事!「何かできることある?」の一言から始められることもあると思います!
出典:http://sangocare-madretokai.jimdo.com/2016/05/08/5-8-中日新聞朝刊で紹介されました/

いかがでしたか?人間は何歳になっても、決して一人で生きていくことはできません。人類古来の育児=『共同養育』、コミュニティ・絆を作ること。あらためて出産を機に”産後シェア”を通じて、その人間同士のつながりが持つ豊かさを経験してみませんか?

Curator
このキュレーターの記事を見る
1時間1000円〜  24時間即日も手配可能な人気のオンラインベビーシッターサービス
0歳〜12歳のお子様を対象としたサポートの他、産前産後のママケアもできる資格保有者が200名以上活躍中です。家庭教師、家事のお手伝い、病児保育など利用範囲が広い上に、通常のシッターサービスの3分の1の料金で利用できると、リピート率はなんと80%!
今すぐチェック!
キッズラインが厳選したキッズサポーターたち
1時間1000円〜  24時間即日も手配可能な人気のオンラインベビーシッターサービス
0歳〜12歳のお子様を対象としたサポートの他、産前産後のママケアもできる資格保有者が200名以上活躍中です。家庭教師、家事のお手伝い、病児保育など利用範囲が広い上に、通常のシッターサービスの3分の1の料金で利用できると、リピート率はなんと80%!今すぐチェック!
キッズラインが厳選したキッズサポーターたち
Middle img a115f31c c723 48a3 a47a b2064b848ad5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Up to you!の最新情報をお届けします
Related
 関連記事 
おすすめシッター紹介中
おすすめシッター紹介中